確定申告に行く

今日は、初めて医療費控除を受ける為に確定申告に行って来ました。
ネットで確定申告出来る電子申告(e-Tax)しようと思ったが住民基本台帳カードやICカードが必要とのこと。住民基本台帳カードは本人でないと委任状が要るし、1週間かかるのであきらめる。
夫の住民基本台帳カードとかに妻でも委任状が必要とは無駄なお役所仕事のよう。
委任状に書くのも私なのにね。

確定申告に行った話しです。朝9時過ぎにバスで確定申告会場の商工会館に出かけました。
混んでる事を予想して午後までかかったら、外でお昼をと思いインスリンバッグも持って行きました。商工会館3階では沢山の人が並んでいました。
持参した物は「給与の源泉徴収票」「年金源泉徴収票」「医療機関の領収書」「薬局の領収書」
「生命保険の入院費給付金領収書」「高額額療養費の還付金」「印鑑」「保険証」「通帳番号」など。

待つこと10分位で呼ばれ「封筒の中の領収書を見せて」、さらに5分位待ちパソコン前まで案内され電子申告e-Taxの暗証番号を自分で決める。e-Taxの画面にそれぞれの金額を入力して係りの人に確認してもらい終了。最後に「重要書類の利用者識別番号の通知」「申告書等送信票」「申告内容確認票」などの書類を貰いました。利用者識別番号の通知は次回の申告に使います。

領収書は病院別、 薬局別にホッチキスで止め計算をして封筒に入れ計算した明細を封筒の上にメモ書きして説明しやすいにして行きましたがザットみるだけめくっても見ないで最後まで確認することなく合計金額だけ入力しました。混んでいたからなのか、税務署によって違うのかな。

医療費控除を受けるのは生まれて初めてとあって張り切って行ってきましたが還付金少ないのにがっかり。まあこんなものですが勉強になりました。
僅かですが還付金が出るそうです。働いてないのであれですが、会社休んでまではね。

タイトルとURLをコピーしました