2014年6月の血糖値一覧

2014年6月6日は15回目の検査日でした。

HbA1cは7.7でした。

インスリンは前回と同じく朝前6単位、昼前6単位、夕前6単位打ちました。

2014年6月の血糖値を記載します。

        朝前   昼前   夕前     

6月1日    79  113

6月2日    66  220  127  

6月3日   106  215   88

6月4日    90  259  203

6月5日   115  151  102

6月6日   108  165   76

6月7日        100  203

6月8日    72  147   59

6月9日    77  134  105

6月10日   97  183   80

6月11日   71       175

6月12日   84  192   60

6月13日   69  172  135

6月14日   96   69  161

6月15日   82  149  170

6月16日   88       238

6月17日  103  244  116

6月18日  105  316   63

6月19日   80  193   67

6月20日   79  152   82

6月21日  101  220

6月22日   76  138  156

6月23日   95  202   83

6月24日   71  185  164

6月25日  102  188   77

6月26日   96  183  

6月27日  101       144

6月28日   89       220

6月29日   65       134

6月30日   88        87

血糖値が乱高下と不安定なのでインスリン5単位に減らして血糖値を調整するトラゼンタ錠5mgと言う赤い薬を7日から飲み始めました。

高血糖の原因は夜のおやつです。我慢が出来なくて困ったものです。

厳しい監視役が必要です。監視役の旦那は甘い物好きなので私におかまいなく食べます。

さらに私の分まで買ってきます。

食べても血糖値が低いので羨ましいです。

食べたかったら、動け歩きなさいと言うことですね。

60過ぎてるのに食欲だけは旺盛なのです。

逆に食欲が無くなったら余計に心配かな。

全ての糖尿病患者さんが医師の言うとおり食事・運動療法を守り、薬物治療を行っているわけでは無いそうです。治療を中断してしまう人もいるそうです。これは怖いですね。

糖尿病患者の6割が食事制限で過去に挫折した経験があるそうです。

毎日の食事制限や運動に疲れきって挫折してしまうのでしょう。

落ち込んでしまったり燃え尽きてしまって自己管理が続かなくなる事もあるようです。

無理せず目標を余り高くしないで、少しずつ良くるように燃え尽きを乗り越えて行きたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました