28回目の検査に行く

昨日はは28回目の検査の為、病院に行って来ました。

時間に余裕を持って1時間前に病院に着くようにバスで行きました。

内分泌内科の受付を済ませ中央処置室の受付に行くと、ものすごい混みよう。

いつもなら椅子が空いてるのですが満席、立ってる方多いです。

そこだけで1時間も時間を食ってしまいました。

やっとフットケアを受けました。いつも通り巻き爪を切ってもらいました。

いつも通り私の食事やおやつを食べてないか聞いてました。

なんだかんだと言って担当医よりフットケアの看護師さんと話す時間が長いです。

フットケアの持ち時間は30分、担当医の診察は5分です。

まずは頻繁に低血糖が起きる事を話し、ブドウ糖を食べてばかりと夜のウォーキング後にお腹が減り美味いお菓子を食べたとか余計な事まで話す。

「48の低血糖でも特に具合悪くなる事もなく、食事前の測定してわかる。

これは良くない。低血糖に気づかぬまま昏睡状態になると危険です」

とのこと。低血糖に鈍感になってるらしい。「最近よく眠くなったりお腹がすきます」と言うと「そんな時は低血糖かもしれません。血糖値を測って下さい」と言う。「でもセンサーが足りなくなるな」と言うと何も言わない。

低血糖かもと何度か測定したがはずれてばかりでセンサーがあっという間に無くなる。一日中眠いし。

「何故、低血糖が増えたのか」聞くと「インスリンの効き目が良くなったせいかも。インスリンの単位が減ると思います」と言われる。

そして先生の診察です。「低血糖が多いのでインスリンの単位を6・6・6から4・2・4に減らします。もしこれでも低血糖になるようでしたら平日の午後に電話を下さい。」と言いました。

インスリン注射ははさっそく昨日の昼食前から2単位打ちました。

検査結果は

体重 50.2

血圧 118/58

血糖値 133食後

HbA1c NGSP 7.2

総/LDコレステロール 110

HDL コレステロール 47

中性脂肪 398

BUN/クレアチニン 21/1.11

尿蛋白 1+

前回のHbA1cは7.4

前々回のHbA1cは7.8

HbA1cが前回より少しだけ下がりました。

中性脂肪は前回より高い。

尿淡白はいつも+3位だが+1に。

インスリンの単位が下げる事が出来たので良しとします。

この調子で頑張ります。

センサーは49日分で3箱じゃ足りないのが不満。

今日の会計は

診療費 7,370円 

(ジェントレット針、グルテストネオセンサー、アルウェッテイなど含む)

グルテストネオセンサーは3箱もらいました。

院外処方せん

ノボラピッド70注フレックスペン 3キット

ペンニードル32Gテーパー(注射針)1箱

トラゼンタ錠5mg 49錠

スピロノラクトン錠25mg「トーワ」 49錠(これジェネリック)

クレストール錠5mg   49錠

サインバルタカプセル20mg 49錠

院外処方せん10,780円

 合計 18,150円

タイトルとURLをコピーしました