きんぴらごぼうで食物繊維を

今日の晩御飯のおかずに食物繊維たっぷりのきんぴらごぼうを作りました。
ごぼうとニンジンの千切りに糸こんにゃくを入れゴマ油で炒めました。
ごぼうには血糖値を下げる成分、亜鉛、マグネシウム、タンニン、リグニン、イヌリンが含まれています。
積極的に料理に使いたいと思います。
ゴボウに含まれる成分です。

亜鉛は血糖値を下げるホルモンのインスリンの材料となります。
インスリンの材料となる亜鉛を摂取することで、血糖値の上昇を防ぐことができます
マグネシウムはインスリンの働きを促進し、糖の代謝を改善する効果を持ちます。
インスリンの働きが活発になることで、食事後の高血糖状態を緩やかにする事ができます。
タンニン
ポリフェノールの一種です。
ポリフェノールは病気の予防や改善、メタボ対策ダイエットにも最適と呼ばれている物質ですが、
タンニンは糖質の吸収を遅らせる効果があります。
リグニン
食物繊維の一つです。
厳密に「不水溶性食物繊維」と呼ばれます。
不水溶性食物繊維がもつ効果として、腸内の水分を吸収して便通を良くしたり、
摂取した糖質の糖質の吸収をゆるやかにさせて血糖値の上昇を防ぐ効果があります。
イヌリン
体内に吸収されれにくい糖分で「オリゴ糖」の一種です。
ブドウ糖の生成を抑えるので食中食後の血糖値の上昇を抑えることができます。
引用元 血糖値を下げる方法・「ごぼう」で血糖値を下げる

今日の運動は
朝食後にスクワット30回
夕食後にスクワット30回
今日の血糖値です。
朝前の血糖値は109です。
昼前の血糖値は146です。
夕前の血糖値は105です。
昼前が心当たりも無いのに高い。
昼のパンを半分にして調整する。
今日の朝食は食パン1枚、バター、モヤシ炒め(モヤシ・卵・塩・コショウ)、小松菜味噌汁、ウーロン茶。
今日の昼食は食パン2分の1枚、オムレツ、玉ねぎ茶。
今日の夕食は食パン1枚、サンマ開き2分の1、きんぴらごぼう。
P_20160223_193513.jpgP_20160223_193506.jpgP_20160223_193453.jpgP_20160223_193342.jpg

タイトルとURLをコピーしました