33回目の検査に行く

昨日は33回目の検査に行ってきました。

いつも通りバスで出かけました。

先に血液検査を済ませました。

その後にフットケアを受けました。

私の親指の爪は巻爪です。巻爪の爪切りが原因で炎症を起こしたことがあります。

それ以来フットケアを受けています。

看護師さんに爪切りをしてもらっています。

フットケアの時間が40分もあるのでパソコンで検査結果を見ながらお話をします。

たまには関係のない話もしたりも。

看護師さんが「中性脂肪が高くなってますよ。」という。

私はまさかの503に驚いて「毎日のように玉ねぎを食べたり玉ねぎ茶を飲んだりしてるのに何でかな」と。

看護師さんが「玉ねぎ食べて簡単に下がるわけがないですよ」と言う。

すごくガッカリする。今までの努力は何だったのか。

「働いているころに職場まで1時間歩き9時間くらい立ち仕事をしていたのに検診では毎回、中性脂肪が250越えになってました。」と前にも言ったが昨日も言ってみた。

看護師さんは「体質ですね」と言う。

肝心のHbA1cは前回と同じ7.2でした。

そして先生の診察を受ける。

先生の診察時間は10分である。

先生にも看護師さんに言った中性脂肪は何故高いと訴えてみる。

先生「コレステロールのお薬はだしてるのに。中性脂肪を下げる薬も出しますか?」と。

薬ばかり頼るのも危ないと思い「やっぱり薬を増やすのは止めます。」と私。

私が「血糖値が高い日もあったのでHbA1cが上がってるかと思いました」と言ったら。

先生は「毎日の血糖値の上がり下がりを余り気にしない方が良いですよ。たまには

外食してみるのも良いじゃないですか」と言う。

先生にも勧められたので病院の近くのスターバックスで昼食をとる。

検査結果は

体重 49.0

血圧 119/63

血糖値 93食前

HbA1c NGSP 7.2

LDL/HDLコレステロール 134/52

中性脂肪   503

BUN/クレアチニン 26/1.16

尿蛋白 3+

昨日の会計は

診療費 7,260円 

(ジェントレット針、グルテストネオセンサー3箱、アルウェッテイなど含む)

院外処方せん

ノボラピッド70注フレックスペン 2キット

ペンニードル32Gテーパー(注射針)2箱

トラゼンタ錠5mg 49錠

スピロノラクトン錠25mg「トーワ」 49錠(これジェネリック)

クレストール錠5mg   49錠

院外処方せん7,270円

合計 14,530円

次回検査までコツコツ無理せず頑張ります。

コメント

  1. 匿名 より:

    医者が一番大事にするのは治療の継続性です
    ベストを追い求めて途中で挫折されるのを嫌います
    だったらほどほどでいいから節制を継続してくれと
    そう医者は考えます
    糖尿病患者の4割が受診を中止してしまうという説もあるります
    医者の言葉には意味があります
    ただしその意味が前向きの場合もあれば後向きの場合もあるのです
    中性脂肪は検査から遡った食生活にも左右されるので
    あまり気にしないほうがいいはずです
    心血管系イベントのリスク要因ですが、すべての数値を気にしてても対処しきれません
    脂質異常に関してはあまり気にしないで暮らしてみてもいいかもしれません
    優先度はやはり腎不全に直結するタンパク制限がトップ
    そして血糖コントロールがそれに続きます
    (もっとも糖尿由来の腎機能低下にはタンパク質制限のエビデンスは無いようですが)
    医者が投薬の意思を患者に尋ねるのは優先度が低いからです
    これ以上薬を増やし過ぎて投薬管理が崩れるのを心配しているのだと思います

  2. ゆみ より:

    あまり厳しく管理すると疲れて燃え尽きてしまいますね。
    糖尿病とは長い付き合いになりそうなので無理せず食事管理や血糖コントロールを続けたいと思います。
    受診を中止してしまう患者さんは結構多いと聞きました。

  3. みどり より:

    今日は。
    玉ねぎは血糖値に良いなどと言われますが、糖質量もかなり多いので個人的には食べすぎは禁物だと思います。
    中性脂肪が気になるのであれば、糖質を意識してみるといいかもしれませんね。
    自分は糖質制限食をしていて、中性脂肪は50前後です。

  4. ゆみ より:

    みどりさん、こんばんは。
    食べすぎてはいけませんよね。
    中性脂肪は50前後ですか。うらやましいですね。
    残念ながら私は腎症なのでが糖質制限できないです。

タイトルとURLをコピーしました