白内障、飛蚊症になる

昨日は半年に一度の眼底検査に行って来ました。

連休明けの予定でしたが怪我をしたので遅くなりました。

家の電話でも良かったがスマホアプリをダウンロードしてタクシーを呼んでみました。

使ってみたかっただけです。

病院はとても混んでいました。「混んでおります。時間のない方は予約をお願いいたします。」と張り紙がありました。タクシーで来たのに後日来るなんてと思い待ちました。

9時過ぎに行ったのに11時過ぎに呼ばれました。

視力検査の後に瞳孔を開く目薬を点眼してもらいました。

看護師さんが「開きが悪いです。」と言い4回ぐらいも点眼する。

しばらく待ち眼底検査を受け涙の分泌量をはかるドライアイ検査も。先生が写真を見せて「白内障ですね。両眼に出てます。右は見えないのであれですが左の方だ多く出てます。様子見です。右目の真ん中に傷があります」と。2ヶ月ほど前から気になっていた飛蚊症の事も告げると先生が「飛蚊症は老化現象ですから心配ありません。沢山出るようになったら来てください。次の眼底検査は半年後です」と。

飛蚊症の冊子をもらう。白内障の冊子も貰ったが忘れてくる。

P_20170606_064154.jpg

病院を出て薬店で処方箋をもらう。もうお昼過ぎに。

眼科の結果にジタバタしてもしょうがないので気を取り直してイオンを目指して歩く。

着脱用ギブスをつけてきたので歩きにくい。イオンは近いようで遠い。

途中休みながらたどり着く。

お昼に食べるミニ冷やし中華を買ってタクシーで帰りました。

往復タクシーなんて贅沢ですが無理しないです。

昨日の夕ご飯はご飯100g、野菜炒め(豚肉・キャベツ・椎茸・もやし・塩コショウ・醤油・オイスターソース)、オクラ、ネギと豆腐の味噌汁。

昨日の血糖値です。

朝前の血糖値は142です。

昼前の血糖値は116です。

夕前の血糖値は109です。

眼科の診療費は1,810円。

処方せん薬代は850円。

合計2,660円でした。

処方せん薬は

オフロキサシンゲル化点眼液 感染が原因となる目の病気を治療する目薬です。目の炎症を引き起こしている細菌を殺す働きがあります。

ヒアレイン点眼液0.1% 角膜の傷を治し、目の乾燥を防ぐ薬です。

タイトルとURLをコピーしました